Why Miso

Miso is one of the most popular traditional fermented foods in Japan. It is a savory, high-protein seasoning made from soybeans, grain(usually rice or barley), salt, water and Aspergillus oryzae culture. Its range of flavor and colors, textures and aromas is as varied as that of the world’s fine cheese and wines. There are many different types of miso all around Japan, such as Shinshu Miso, Sendai Miso and Haccho Miso. The darker, more traditional types have flavors and aromas that are deep, rich and hearty, almost meaty at times, making them ideal for the preparation of  meatless dishes; the lighter, more modern types are subtly sweet and delicately refreshing. Although soybeans are a treasure trove of high quality protein and other nutrients, only a portion of these are available to the body. However through the process of natural fermentation, soybeans undergo a total biochemical transformation in which virtually all of their complex protein, carbohydrate, and fat molecules are broken down into rapidly digestible amino acid, simple sugar and fatty acids. Also, it contains natural probiotics and healthy microorganisms.

 

私がなぜ味噌ドクターになったかお話します。私は医師になる前から人はどうしたら健康なままで過ごせるのかとても気になっていました。医師になった後もその答えは医学部にはありませんでした。なぜなら医師は病気のプロではありますが、健康のプロではないのです。私は答えを求めて分子整合栄養学やアーユルヴェーダを勉強しました。そして現代人の病気のほとんどのベースに腸内環境の乱れとミネラル不足があることがわかりました。実際に栄養外来をしていてもこの2つを改善させることでかなりの症状や血液データなどが改善することがわかり、私の自信に繋がりました。そしてニューヨークへの料理留学の経験を通して味噌がそれらを解決するスーパーフードであることに気がつきました。なぜなら味噌には吸収しやすい形のアミノ酸、ミネラル、ビタミン、麹菌や酵母、乳酸菌など善玉菌のサポートをしてくれるプロバイオティクスまで含まれています。さらに発酵の過程でできるメラノイジンなどの抗酸化物質まで含まれ、まさに食べるサプリメントです。そして味噌について勉強をしていくうちに、伝統的な味噌が少なくなってきていること、日本人の味噌離れが進んでいることを知り、新しい味噌の取り入れ方の提案をし、世界中に味噌を広めたい!と思うようになりました。今までの医学的な知識、料理人としての経験、日本人としての誇り、それら全てを味噌という食材を通して世界中に届けたいと思います!